BS時代劇 塚原卜伝 第7回 卜伝見参 あらすじ ネタバレ

歴史

新右衛門が百日の勤行を終えると、周辺から手合わせを申し込む人が増えた。また、鹿島神宮への参拝者も増える。

新右衛門は、松本備後守に、再び、諸国巡回の旅に行きたい、と言う。怒る備後守。二人は戦い、新右衛門が勝つ。

新右衛門は、自他合一を極め、ひとつの太刀を手にいれた。松本備後守は、もはや新右衛門がはるか遠くの位置にいることをしり、新流派、新当流を名乗ることをすすめる。新右衛門もまた、自らの名前を塚原卜伝とすることを決める。卜は占いからとった。

NHKオンデマンドに加入したら、これまでの麒麟がくるの見逃していた回、過去のNHK大河ドラマを見ることができます。

NHKオンデマンドを無料でお試しできる方法がありますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました