BS時代劇 塚原卜伝 第6回 一つの太刀 あらすじ ネタバレ

歴史

新右衛門は、奥津の言葉が耳から離れない。自分も奥津のように血に飢えるようになってしまうのか。世話人の平賀が山口に帰郷をするというと、京を離れることを伝える新右衛門。

平賀の娘鹿乃は、新右衛門とともにいたいというが、新右衛門は断る。

鹿島にもどった新右衛門。3年の間、禊のために、籠もる。最後の日、新右衛門の800年前の祖先で開祖と勝負し勝つ。生まれ変わった気持ちになる。

NHKオンデマンドに加入したら、これまでの麒麟がくるの見逃していた回、過去のNHK大河ドラマを見ることができます。

NHKオンデマンドを無料でお試しできる方法がありますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました