BS時代劇 塚原卜伝 第5回 最強の敵 あらすじ ネタバレ

歴史

新右衛門は、京を出ようと考える。京には、自分より強いものがいない。新右衛門は、京に奥津源三郎という強者がいると聞き出向く。

対応はそっけないものだった。そんな時、評定衆の一人が辻斬りにあう。その下手人が奥津源三郎だと分かる。にわかには信じられない新右衛門。

罠を使って、奥津源三郎をおびきだす新右衛門。傭兵とともにあらわれる奥津源三郎。奥津源三郎は、本当は新右衛門と戦いたかった。昔の自分に似ているからだという。

二刀流の奥津源三郎。苦戦するが何とか倒す。お前も自分と同じになる、という言葉を残して死ぬ。

NHKオンデマンドに加入したら、これまでの麒麟がくるの見逃していた回、過去のNHK大河ドラマを見ることができます。

NHKオンデマンドを無料でお試しできる方法がありますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました