BS時代劇 塚原卜伝 第4回 一拍子の太刀 あらすじ ネタバレ

歴史

船岡山の戦いで活躍した新右衛門。将軍から恩賞として剣を賜る。新右衛門の活躍が気に入らない管領細川高国。

細川と新右衛門が所属する大内は、勘合貿易で争いあっていた。新右衛門を困らせるため、再び御前試合を開く。

相手は南永。不気味な面に長身で、前後に刃がある武器をもつ。間合いに入ると必ず刃で切られる強敵だ。どう勝つか悩む新右衛門。鹿乃は新右衛門を心配する。

勝負は一撃でつく。南永は崩れ落ち、面がとれる。南蛮人だ。命を捨てる覚悟で戦った新右衛門の勝利だ。細川高国は、自分のために戦ってくれた南永のつらを踏みつける。

NHKオンデマンドに加入したら、これまでの麒麟がくるの見逃していた回、過去のNHK大河ドラマを見ることができます。

NHKオンデマンドを無料でお試しできる方法がありますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました