黒書院の六兵衛 6 無料・あらすじ・ネタバレ

歴史

江戸は東京になり、天朝様がやってくる。その日、江戸の町民は新たな支配者の登場を息を飲んで過ごしていた。

だが、六兵衛はまだいる。まさか、天朝様に会うためにいるのか?

木戸孝允は、六兵衛を腕づくで退けようとする。そこに天朝様が。二人はしばらく沈黙し、天朝様のお言葉で、六兵衛は下城する。

途中、目付の本多に、勤仕ご苦労と言われる。

加倉井は、六兵衛を追いかける。六兵衛は、加倉井を抱き、感謝の言葉と脇差を交換する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました