黒書院の六兵衛 4 無料・あらすじ・ネタバレ

歴史

上野戦争が勃発。大村益次郎は、大砲で侍たちを叩きのめしてしまう。

六兵衛に旗本株を渡した金貸しに接触。すると、元六兵衛と入れ替わりを手伝っていた。

夏が過ぎ、天朝様が来ることに焦る加倉井隼人。

六兵衛が夏の暑さで、体調を壊しているのを見た加倉井。部下の策で、勝海舟にうなぎを全員にふるまわせる。

うなぎを食べさせることで六兵衛を追い払おうとする。しかし、六兵衛はよだれをたらしながらも食べない。加倉井隼人の情けで食べさせてもらえることに。

しかし、米ばかり食べていた六兵衛。医者の見立てでは、肝臓をふくらませてしまったため、腹痛に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました