黒書院の六兵衛 3 無料・あらすじ・ネタバレ

歴史

西郷隆盛は、帝鑑の間に来て、六兵衛と会う。しかし、何事もなく帰る。

六兵衛は、今度は、御三家の詰め所で着座。そこに、北越で戦っていた尾張大納言・徳川家勝が六兵衛に会う。

徳川家勝は、六兵衛に、食事をすすめ、六兵衛は、かゆをすすったあと、将軍を顧問する者の部屋へ移動。

大村益次郎は、お金を作るため、江戸城内の美術品を集める。目付け役は、美術品をかき集めるが、その姿に、部下は反発。主人公・加倉井も加勢。六兵衛の姿こそ美しいと言う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました