黒書院の六兵衛 2 無料・あらすじ・ネタバレ

歴史

主人公の加倉井隼人は、六兵衛の家へ向かう。すると、六兵衛の家人から、六兵衛一家は突然現れたと聞く。さらに六兵衛の妻から着替えをもらう。

大広間の六兵衛を追い出すため、銭湯へ連れ出すことに成功。

すると、今度、六兵衛は、大大名が詰める帝鑑の間へ。

勅使が来る日。西郷隆盛がやってきて、帝鑑の間を見てみたいと言い出す。

コメント

タイトルとURLをコピーしました