黒書院の六兵衛 1 無料・あらすじ・ネタバレ

歴史

浅田次郎原作。江戸城引き渡しで、尾張藩の藩士が主人公。

江戸城黒書院に鎮座する書院番士の六兵衛。名前も肩書も実は分からない。この人間を移動させないと引き渡しは完了できない。期限までに移動させないといけない。

主人公は、勝海舟と福地源一郎の力も借り、六兵衛が誰かを突き止めようとする。

上野寛永寺に行き、同僚を探す。すると、六兵衛は、偽物で、突然現れた人物。しかし、日が経つにつれ、偽物のたたずまいや剣術が素晴らしく、誰も気に留めなくなった。

また、六兵衛は、5000両で身分を買った金揚げ侍ではないかという噂も出る。

ある夜、六兵衛はいなくなり、主人公は焦る。六兵衛は、大広間の武者の間にいた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました