黄山ヶ原 無料・あらすじ・ネタバレ

歴史

唐の蘇定方将軍が、船の大軍を連れて仁川に。新羅も、唐と羅唐同盟を結び、百済を攻める。その数、5万対5千。

百済の将、テベクは、妻子を殺し、決死の覚悟。

新羅は、唐の大軍のために、兵糧を運ぶ。キムユシンは、若者集団の花郎を百済軍と戦わせる。花郎は次々と討たれる。

百済と新羅は、いよいよ最終決戦。テベクは討たれる。

キムユシンたちは、唐の将軍に宣戦布告する。

百済の兵士は、農村に帰る。

コメント

タイトルとURLをコピーしました