達人伝~9万里を風に乗り~ 3 無料で読む

マンガ

楚国の首都が秦の猛将、白起に攻められている。白起は、馬の白輝にまたがり、楚の将軍を翻弄する。

荘丹らは、斉国の孟嘗君のもとへ。孟嘗君は、臥せっていた。寝室での対面。荘丹は、荘子の孫であると自己紹介する。

孟嘗君は、荘子と出会ったことを懐かしく思い出す。自分が輝いていた時代、秦を相手に列国をまとめて戦ったこと、鶏鳴狗盗のエピソード、低身長というコンプレックスのために村を潰したこと、そしてそれらに荘子との出会いが重要だったことを語る。

孟嘗君は、胡蝶となり、天に召される。荘丹らは、9年後、孟嘗君の食客が駆けつけること、魏国の信陵君を訪ねることを遺言する。

楚では、白起の猛攻が続く。戦場へ戦国四君の一人、春申君が現れ、白起に対し舌で戦うという奇人ぶり。

白起は、それに対し、王墓を焼くという暴挙に出る。白起は神を恐れぬ者か?

このコンテンツは、kindle unlimitedで見られます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました