連ちゃんパパ あらすじ ネタバレ

ドラマ

連ちゃんパパ、学校教師からの転落

マンガ。全43話。一話一話が短いので読みやすい。

主人公進は、学校教師。奥さんがパチンコで多額の借金を作り逃げてしまう。強面の借金取りが現れるが、進は払えない。

進は、金を作るため、学校教師を辞めて、パチプロへ。しかし、勝っては負けて、どんどん金を失っていく。そして借金取りからお金を借りることに。

進の息子、小学生の浩司に、自分の昔と重ね合わせた借金取りは、浩司の世話をする。

息子浩司との縁もあり、借金取りの家で居候することも。奥さんはお金持ちと結婚することになり、お金を返しにくるついでに、息子浩司の顔を見に来る。お金持ちは、ねずみ講の社長だったので、また逃げることに。

進は、パチンコにのめりこんでいくが、生活ができない。塾講師のアルバイトもやめ、借金取りをすることに。天性の才能か、債務者の子どもの学校にいくことでプレッシャーをかけ、借金を回収していく。

連ちゃんパパ、パチンコのない田舎へ

田舎から進の老父親がきて、帰るようにいわれ、田舎の学校教師に。教材費をなくしてしまい、パチンコで取り戻そうにもできない。辞めて逃げてしまう。

都会に戻るがお金がない。息子浩司の担任の女先生をおかす。妊娠の兆候が出たため、結婚することに。女先生は、財閥の娘でクリスチャン。跡取りとして会社で働くが、パチンコざんまい。あげく妊娠ではなく、生理不順だっただけなので、追い出される。

内縁に、誰の子か分からない双子ができ、認知。お金がないので、生活保護を申請する。

弁当屋で働くことになると、店長と仲良くなり、パチンコやキャバレーなどの遊びを教える。すると店長はパチンコにのめりこみ、店の売上金にも手をつけるように。遊びを知らない人間を借金地獄に落とすという仕事をする。

連ちゃんパパ、塾経営を始める

塾教室の家へ借金取りに行く。経営者の老夫婦から塾の経営を頼まれる。借金取りの仕事のように、小学校で塾の営業をするが、借金取りとは違い、うまくいかない。塾経営では、信用が必要だったから。最寄りに大手塾ができて、塾経営は失敗する。

再婚して、再婚者の実家の跡取りに、息子浩司が選ばれるが、子どもはできないと言っていた再婚者との間に子どもができてしまう。すると今後トラブルになるからといって、子どもたちは福祉施設に入れられる。この再婚者とは離婚。

連ちゃんパパ、やり直す

子どもたちを取り返すため、親権者の元奥さんを九州で発見。子どもたちを取り返し、やり直そうと定食屋で仕事を始める。しかし、仕事場の隣がパチンコ屋でまたパチンコをはじめてしまう。

その後、パチンコのない田舎で仕事をはじめる。おしまい。

このコンテンツは、kindle unlimitedで見られます。

このコンテンツは、U-NEXTで見られます。

U-NEXTを見る

U-NEXTって何?

↓↓40%ポイントバック中!映画も。ラノベも。マンガも。

NetflixもFODも無料期間がなくなったり短くなってしまっています。入るならお早めに。

通常バナー

コメント

タイトルとURLをコピーしました