舞妓さんちのまかないさん

アニメ

京都のど真ん中にある花街。そこでは、舞妓さんたちが深夜のお仕事をする場所。お仕事を終えて帰ってきて共同生活を送っているのは、「屋形」と呼ばれる家。

とある屋形で「まかないさん」として舞妓さんたちの毎日の食事をするのは、弱冠16歳の少女キヨ。彼女がまかないさんになったのは意外な理由があった。

故郷の青森から一緒に上京したキヨとすみれことすーちゃん。すーちゃんは舞妓の才能があったが、キヨには舞妓の才能がなかったため、クビになったが、その屋形のまかないさんが腰を痛め、やめることになったため、料理の才能があったキヨが引き受けることになった。

すーちゃんは仕込みさんを経て舞妓・百はなとしてデビューした。そして、キヨは変わらず、故郷の祖母仕込みの料理に腕を振るう毎日を過ごしている。

何か大きな事件等は起こらないけれど、10代という難しい年ごろの共同生活と舞妓という仕事をこなす少女たちの心の支えでもある毎日の食事をキヨは提供している。

今年NHKでアニメ化する

コメント

タイトルとURLをコピーしました