秋瑾 ~競雄女侠~ あらすじ・無料

歴史

清朝末期。女性活動家の話。

主人公、秋瑾は、女に生まれ、纏足を拒む。巡撫の父は、秋瑾に学問をさせる。富豪の王氏と結婚することになる。

男と女の子ができ、夫は官職を買って、公職につくため北京へ。北京で秋瑾は男装して観劇していたため、夫から叱られる。夫は遊びほうけ、二人の亀裂は深まる。

秋瑾は、愛国心にあふれた詩を発表。世間で知られる。ある時、女の子が水痘になり、女医と知り合う。その女医から、日本留学を提案される。

日本では、光復会の徐氏と知り合う。たびたび会い、親交を深めていく。そこで、大学の留学生規則に反対する秋瑾たち。日本の憲兵ともみあう。留学生の陳氏は入水自殺する。

秋瑾は、国に帰り、徐氏から、決起のための、学校校長に就任するよう依頼される。秋瑾は、校長として、兵士を育て上げる。

清朝側では、光復会のメンバーを把握。徐氏に逮捕するよう厳命される。

一方、光復会では、決起の日取りが早まり、徐氏は、官公庁を攻める。官側との死闘の末、徐は敗れる。

秋瑾の学校にも、清朝の兵がなだれ込み、秋瑾は逮捕。

裁判、拷問の末、打ち首にされる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました