祈りの幕が下りる時

ミステリー

小菅のアパートで滋賀県在住の40代女性押谷道子の腐乱死体が発見される。アパートの住人越川睦夫と名乗る男性で、現在、その越川は行方が分からなくなっている。捜査一課の松宮は殺害時期や現場が近い新小岩井での河川敷で発生したホームレス焼死との関連性を感じながらも、道子の住んでいた滋賀県での捜査を開始していた。

道子が中学の同級生で演出家の浅居博美を訪ねるため上京していたことを突き止めた。しかも博美は、松宮の従兄弟で日本橋署の刑事・加賀の知り合いだった。

松宮から博美ついて意見を求められたが、初めは、管轄違いのため、助言程度はだった加賀だがアパートで見つかった日本橋にある橋の名前を月毎に書き込んだカレンダーの存在が、この事件を思わぬ形で加賀の心のなかでくすぶっていた失踪した母に関する謎と直結させることになった。

この作品は、加賀が、なぜ優秀な刑事にも関わらず、所轄の刑事のままなのかの理由が語られる。

映画化された。

このコンテンツは、U-NEXTで見られます。

U-NEXTを見る

U-NEXTって何?

↓↓40%ポイントバック中!映画も。ラノベも。マンガも。

NetflixもFODも無料期間がなくなったり短くなってしまっています。入るならお早めに。

通常バナー

コメント

タイトルとURLをコピーしました