白鯨との闘い 無料・あらすじ・ネタバレ

歴史

小説家が、昔の鯨漁の取材に、主人公のもとへやってくる。主人公は乗り気でなかったが、妻がお金のために受けるべきと言われて受ける。

鯨油のために、鯨漁が行われていたが、主人公は14才で船に乗り込む。はじめは、大西洋で、鯨漁に成功していく。主人公も、とれた鯨の中に入ったものだった。

しかし、不漁が続き、船は、太平洋へ。しかし、鯨は現れず。現れたのは、でかい白鯨。白鯨により船は壊され、乗員は、小さい舟に乗り込む。

小さい舟で、島を見つけるも無人島。そこでは、死者が出て、死者を食べるというおぞましいこともした。主人公は、話すことで救われた。

無人島から、舟で流される。そこには白鯨が。主人公は、舟の転覆を恐れ、白鯨と戦うのを止める。

チリにたどり着き、その後、故郷へ戻る。船長と一等航海士は、船主への説明責任が必要だった。鯨漁業界のために真実を話すなと口止めされるが、真実を話してしまう。

くじ引きによる命の選択など、新たなテーマを思いついた小説家。主人公は、土から出てくる油田の話をして、自分たちの時代が終わるのを知る。

コメント

タイトルとURLをコピーしました