王朝の陰謀

その他

外国人のディー判事事件帖が原作。唐。

通天仏の造営中、怪火事件が発生。この謎を解くため、即天武后は、反乱の罪で投獄していた狄仁傑ディーレンジエを呼ぶ。

ディーは、大理寺の判事に任命され、部下のペイ、武后の目付け役チンアルの3人で謎に挑む。

緻密な捜査を行うディー。怪火事件は、火炎虫によるものだとつかむ。洛陽の地下の市で、医師のワンに聞き込みに向かう。そこで偽国師の妨害にあう。

無限道観で、チンアルが本物の国師であることが判明。チンアルは、何者かによって殺される。部下のペイも何者かに拉致されて殺される。

即天武后の即位式。通天仏にディーはいた。ディーの元部下が怪火事件の犯人だった。8年前、ディーとともに武后に反乱を起こしたが罰をうけ手を失ったうらみだった。

通天仏の心柱に溶鉱を流し込み倒壊させ、即天武后を殺す計画だ。デイーは先帝から下賜された降龍杖で破る。即天武后の閣僚入りの依頼を退け、地下の市で暮らす。

武侠映画でした。

このコンテンツは、U-NEXTで見られます。

U-NEXTを見る

U-NEXTって何?

↓↓40%ポイントバック中!映画も。ラノベも。マンガも。

NetflixもFODも無料期間がなくなったり短くなってしまっています。入るならお早めに。

通常バナー

コメント

タイトルとURLをコピーしました