王家の紋章

歴史

エジプトに留学中のキャロル・リードは、日々熱心に考古学を学ぶ16歳のアメリカ人。ある日、リード家が貢献する事業の一環として、若くして暗殺された古代エジプトの王・メンフィスの墓を暴いたため、彼女は神殿の祭祀であったメンフィスの姉アイシスの呪術で古代エジプトへタイムスリップしてしまう。

古代エジプトで途方に暮れるキャロルは、金髪碧眼で肌が白いため、エジプトの宮廷の人々の目に留まり、21世紀の人間としての倫理観や考古学で学んだ知識が「予言」と判断され。古代エジプトを助ける慈悲深い「ナイルの娘」あるいは「黄金の姫」と崇められるようになる。やがて、暗殺から度重なるメンフィスを助けたメンフィスと愛しあうようになる。晴れて王妃になり、子どもも身籠る。が、現代人としての英知やエジプトを狙って、また可憐な容姿もあいまったキャロルを手に入れようと画策する者、アイシス達のように、キャロルの暗殺を企てる者、諸国の王族まで取り乱して・・・・。2人の間には、数々の難題が繰り広げられる。

ロングセラーの漫画で、ミュージカル化もした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました