本好きの下剋上

その他

現代日本に暮らす本須麗乃は、念願だった図書館に勤めることができた、その当日に亡くなってしまう。

もっと本が読みたかったという未練が残ったままの麗乃は、気づいたら異世界の幼女マインの体をもっていた。

物語の世界は中世ヨーロッパ。現実の世界と違うところは、魔法の力を持つ貴族に支配されている。厳格な身分制度のあるこの世界で、現代日本の知識をもつマインが、本を手に入れるために出世する物語。

この世界の本は、紙はなく羊皮紙による本も高価なため、本づくりを志すマイン。紙を作るための材料集めにも苦戦する。最初の内は、現代日本の知識を使い簡単な発明等で改善されてきたが、マインの幼馴染ルッツが次第に興味を持つようになる。

大商人のベンノは、平民でありながらマインの身綺麗、年齢不相応の知識を持つマインに特異性を見出し、マインたちに工房を出資し商人見習いとして育てることになった。

そして何とか紙を作ることに成功したが、変わりにマインが身食いという病に侵されていることに気づく。

マインはこのまま身食いとどう立ち向かうのか、どのように本を手に入れることができるのか、楽しみな物語です。

このコンテンツは、U-NEXTで見られます。

U-NEXTを見る

U-NEXTって何?

↓↓40%ポイントバック中!映画も。ラノベも。マンガも。

NetflixもFODも無料期間がなくなったり短くなってしまっています。入るならお早めに。

通常バナー

コメント

タイトルとURLをコピーしました