書店ガール

その他

西岡理子は40歳の独身ペガサス書房吉祥寺店の副店長。バイト5年を経ての正社員になる。一方、小幡亜紀は27歳で理子の部下。コミック売り場の担当で、コネ入社のため最初から特別扱いの正社員。理子は自由奔放で協調性にかけ、裕福な家庭の育ち特有の幸せを無自覚に振りまく亜紀を快く思わなかった。亜紀も自分の提案にダメ出しばかりする保守的な理子をに反発心を抱く。立場や境遇、正確の違う二人はなかなかうまくいかない。

そんなある日、女子店員に人気のある同僚の三田と付き合っていた亜紀は、半年前に突然別れ、一つ星出版の小幡信光と付き合う。そこで、またも亀裂が深まる。亜紀の結婚披露宴でトラブルがおき、そして、理子と分かれた一つ星出版の柴田が、亜紀への結婚のお祝いの小包で書店宛てに送り、送り主の名前をみた理子が、発作的に開封するなど、トラブルが重なり、二人の関係も悪化していく。

やがて、理子は店長昇格する。しかし、店長就任の初日に父親が急病で病院に運ばれる。そのため理子は欠勤することをフロア長に伝えたが、本部には伝えられず無断欠勤扱いにされた。そのため、後日謝罪するため本部に向かうが、吉祥寺店は閉店させる。理子の人格を否定する言葉を言われる。

理子は三田に第三者の意見を聞いて呆然とする。そのころ、亜紀はペガサス書房の閉店のことを聞き、今休戦し、一緒に戦う決意をする。

ペガサス書房の閉店阻止に頑張る二人は、どのように頑張って阻止するのか見どころがある書店の働く女性の物語。

AKB48の渡辺麻友主演のドラマ化になった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました