弥生、三月君を愛した30年

ドラマ

1986年3月1日。運命的に出会った2人。弥生と太郎。

「もし40歳になっても、独身だったら結婚してやるよ」と言う太郎。

お互いに惹かれ合いながらも、親友の「サクラ」を病気で亡くしたため、想いを伝えることが出来なくなった。そして、そのまま別々の人生を歩む結ことに・・・。

子どものころに描いた夢に挑み、結婚相手を見つけ、子どもが生まれた。しかし。人生というのは、思い通りにいかず。離婚を経験し、大災害に巻き込まれ、配偶者が亡くなり、あの時抱いてた夢は絶たれてしまう。希望を失わず、人生のどん底に突き落とされていた時、心の中で常に寄り添っていたのはお互いの存在だった。

2人の30年のなかの3月だげで紡いだ涙無しでは語れない、感動のラブストーリー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました