孔子 31 無料・あらすじ・ネタバレ

歴史

魯の大祭の祭主に、孔子が選ばれるが、季孫斯が代わる。

魯の国政は、三桓氏が握ることが明白となり、孔子の行ってきたことは無になった。

これによって、孔子は、仁義を天下に広めるために、諸国を尋ねることにする。

三桓氏の裏切りは、少正昴の文にあった。外交は、子貢、軍事は、子路。いづれ魯の国は、孔子一門のものになるという予言は、三桓氏を不安にさせるのに十分だった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました