孔子 18 無料・あらすじ・ネタバレ

歴史

魯に新王が立ち、魯王の近臣は去る。魯王は、孔丘こそ忠臣であることを認め、後悔し、世を去る。

孔丘は、魯王の棺を連れて、魯に帰る。

棺は宮殿に運ばれ、叔孫らは迷惑がる。季孫意如は、わずかな利益のために王を追放したことを後悔。魯の人心は荒廃する。

孔丘は家族と再会。先祖を供養する。

陽虎らは、義兄弟たちと魯を分割することを計画する。少正昴は、陽虎の計画は失敗すると言う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました