孔子 17 無料・あらすじ・ネタバレ

歴史

三桓氏は、幼い新王をたてる。

晏嬰は、孔丘を祭首に推薦。斉人の琴の音を聞き、母親を思い出す。

宴が催され、孔丘は殺されそうになるが、少正昴を盾にして宴へ。魯王は斉王に出兵を促す。

晏嬰は、孔丘を殺そうとした兵士三人に、桃二つを分け与える。功績を誇る三人の兵士は争いあい、殺し合う。残った兵に桃は与えられるが、自刃。

これを三桓氏の争いと呼びたとえ、斉王に警告。

斉王は出兵をあきらめる。魯王らは、少正昴を殴り、奴隷市場に売り飛ばす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました