孔子 10 無料・あらすじ・ネタバレ

歴史

孔丘は、乗田として、真面目に仕えたが、同輩は、羊のご褒美を手に入れることができなく不興を買う。

季氏は、孔丘に、倉庫の書記につかせて、王への借金がいくらあるかを数えさせる。すると、孟孫氏らには、逆に王への借金があることが分かった。

真面目に調べてしまった孔丘。孟孫氏らは、季孫氏の罠ではないかと思う。

書庫を、陽虎が燃やし、うやむやにさせると、孔丘は、宋国へ婚姻に向かう。

魯の襄公は、孔丘の手柄に喜んだが、孔丘が逃げたと知ると怒る。

コメント

タイトルとURLをコピーしました