妖しのセレス

その他

御景妖は、大財閥の御景の一族ではあるが、両親と双子の兄明と不自由ない生活を送る。しかし、16歳の誕生日に御景のしきたりで本家を訪れる。そこで、ミイラの手首を見た妖は変身し、明は身体全体に切り傷をが現れ気絶してしまう。そこで、御景の祖先であり、一族の災いのもとといわれる天女の力を最も引き継ぐ生まれ変わりだとわかった。災いから怯える一族から守ったのは、同じく天女の血を引く梧納涼だった。納涼と雄飛に保護され居候をしながら、自ら先祖の天女に目覚めていく。やがて、セレスと対話ができるようになった妖は、自分が羽衣を見つけると約束する。

羽衣を探す旅をするなか、同じ天女の血を引く千鳥や珠呂との出会いで、御影一族のC計画で、各地の天女の子孫が悲惨な状況に追いやられるという現実を知る。

一方、御影財閥では、妖の従兄弟各臣が、記憶喪失の謎の青年十夜を使って、各地の天女の子孫を集めC計画を進めていた。そして、御景の始祖だと認められた明は手厚い庇護を受けることになる。妖を案じつつも、セレスから羽衣を奪って妻としたミカギの歪んだ愛情。そんなミカギを憎むセレス。過酷な運命をたどることになる。

天女伝説の真実、羽衣とはどのような物体なのか、十夜とは何者なのか。C計画とはなんなのか。そもそも各臣の目的とは・・・?

コメント

タイトルとURLをコピーしました