天命の子 ~趙氏孤児 8 無料・あらすじ・ネタバレ

歴史

程嬰の妻は、亭主の屋台診療が気に入らない。趙朔も屠岸賈も景公も、程嬰の医館設立に尽力するだろう。でも、程嬰は乗る気がない。

晋国は、趙朔も屠岸賈も関係なく、民が安心して暮らせるように、国内を不安定にしないのが自分の務めだと話す。

趙朔の趙一族は、かつて君主や大臣を殺害した一族で恨みを買っている。

秦から使者がやってきて、楚国を挟撃したあかつきに、楚国を分割しようという提案。

大胆な作戦に、趙朔は乗る気だ。趙朔は景公に、副将に韓厥を推し、兵糧係に屠岸賈を推す。韓厥の名誉を回復し、屠岸賈に罪を着せることができる策だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました