天命の子 ~趙氏孤児 7 無料・あらすじ・ネタバレ

歴史

屠岸賈夫妻は、程嬰の家にやってきて、語り合う。酒で飲みかわし、三人の刺客について語る。

その間、景公は、趙朔とともに、三人の刺客のいる牢へ。景公の面前で、服の下の傷を見せ、趙朔にやられたと言う。

屠岸賈は、景公に、三人の刺客に優しく接して真実を語らせることを提案。三人の刺客は、韓厥に指示されたと話す。

程嬰は、急いで、韓厥を探す。韓厥は、逃げた側女を探していた。その側女も屠岸賈が放ったものだった。

景公は、韓厥を一軍から解任。代わりに荀林甫をすえる。韓厥は、趙朔の右腕だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました