天命の子 ~趙氏孤児 5 無料・あらすじ・ネタバレ

歴史

屠岸賈は、趙朔への次の計略を図る。景公に三人の刺客を放ち、未遂に終わらせ、警備の過失で趙朔に責任を負わせる計略だ。計略は実行に移された。

程嬰の妻は、趙朔の妻で公主に、程嬰がいかに優れた医師かを話す。景公は、心の病で、治す医者が欲しいということで、程嬰を推薦する。

程嬰は、景公の心の病気が自分では治らないことを知っている。景公を、犯行現場の練兵場に連れてきて、散歩をするように促す。

腕を良く振り、健康に歩くのだ。犯行現場のほら穴に、景公を呼び、暗殺計画が三人なのは、はじめから未遂に終わらせること、ほら穴が1年前からできていたため、警備責任者は、前任者であることを説く。

景公は、趙朔が犯人ではないことに気づき、心が軽くなる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました