天命の子 ~趙氏孤児 39 無料・あらすじ・ネタバレ

歴史

無姜の出生の秘密を探るため、程大業は、職権を使い、重要人物を審問する。まずは屠岸賈、公主、ゼン白、程嬰。

屠岸賈の死んだ執事は、男児を運んだか、女児を運んだのか。すべての関係者が男児と答えた。

程大業は、屠岸賈の策で、女講釈師・草児と無姜を捕縛。屠岸賈邸へ運ぶ。屠岸賈自ら草児に問う。草児は、肩に彫った屠岸賈の名前を見せ、証拠だと言い、自刃する。

無姜は、ますます屠岸賈を信用しない。屠岸賈は、離間の策にはまったと言う。

草児の状態を見た程嬰は、草児は長くないと言う。程嬰の策に、草児は自らの考えで行った。

コメント

タイトルとURLをコピーしました