天命の子 ~趙氏孤児 37 無料・あらすじ・ネタバレ

歴史

無姜は、真実を知るため、程嬰のもとへ。屠岸賈の子をとった医師・居田のもとへ行けと言う。屠岸賈の子をとった医師は、何者かに無残に殺されていた。

殺したのは、父・屠岸賈ではないかと思い始める無姜。

また、程嬰のもとへ行くと、今度は三水という産婆のところへ行けという。屠岸賈と一緒に向かうが、三水もまた火事で死んでいた。

いよいよ父・屠岸賈の仕業ではないかと考え始める。

程嬰は、妻・宋香に、子・大業を公主に返すと言う。宋香は嘆く。程嬰の復讐は始まり、宋香に酒を受けるように言う。大業が趙武になっても、大業は変わらない。

宋香は、代わりに、程嬰の横で寝たいと言う。いつ死んでも構わない、他人でも19年経てば情が移ることもあり、屠岸賈の目もごまかせると言う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました