天命の子 ~趙氏孤児 35 無料・あらすじ・ネタバレ

歴史

屠岸賈の家に公主がやってきて、程嬰と対面。程嬰は、程大業が趙氏にかぶれてしまったと言うと、公主は天罰だと言う。

程大業は、街で、講談師に出会う。講談師は、趙氏は忠臣だと語ると、兵士がやってきて、講談師をとらえ、死刑にしようとする。

程大業は、屠岸賈の家にやってきて、講談師を救うように言うと、屠岸賈は、趙氏について語るものは死刑だと言う。趙朔は、国を専横しようとしている。景公は、趙朔を消し、国を救ったのだ。

程大業は、講談師のいる刑場へ行くと、史官がやってきて、講談師は前任者で、史実通りに歴史書を書こうとして、屠岸賈に目をやられたというのだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました