天命の子 ~趙氏孤児 33 無料・あらすじ・ネタバレ

歴史

宋香は、劇薬を飲み、倒れる。鍼をすれば、宋香は治る。しかし、治して宋香は、自分と同じ19年の苦しみを味わうことになる。

程嬰は、迷うが手を施す。宋香は、目覚め、自分が年寄りになったことに気づく。程嬰のことも認識。子が死んだことも。

程嬰と宋香は、程大業が自分たちの子ではないことを隠し続けることを口約束する。屠岸賈にばれないように。

程大業は、石言将軍の娘から、趙氏の話を聞くにつれ、興味をもつ。今までの思い出から、趙氏について思い出すも、趙氏について父と屠岸賈は語らない。

二人は、趙氏について調べることに。屠岸賈から手形を借り、元趙府へ。そこには、荘姫公主の姿が。二人の親子は再開するが、二人は知らない。荘姫公主から趙氏の話を聞く程大業。

石言将軍の娘を騙ったものは、屠岸賈のスパイだった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました