天命の子 ~趙氏孤児 32 無料・あらすじ・ネタバレ

歴史

程大業は、韓厥と戦い、胸に傷を受ける。

到満は、治療と称して、程大業の背中を見る。赤あざがなかったことから、程嬰に、本当に程大業なのかと疑問を投げかける。

程嬰は、程大業には、胸にあざがあり、先の韓厥による傷で胸がえぐられたと言い、ごまかす。

屠岸賈の息子無姜は、秦との戦に出征する。屠岸賈は涙する。

楚の将軍、石言将軍は、屠岸賈の従者に殺される。

石言将軍の娘と称する者が、程嬰の家にやってきて、石言将軍が火事で死に、頼ってきたと言う。程嬰は家に入れる。

石言将軍の娘と程大業は親しくなり、趙家の歴史を聞く。そんな二人を見た宋香は、二人をくっつけたいと言う。

程嬰は、その前に薬を飲むよう勧める。今度の薬は劇薬。きっと良くなるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました