天命の子 ~趙氏孤児 31 無料・あらすじ・ネタバレ

歴史

程嬰は、屠岸賈の息子無姜に程大業は、腕にケガがあると嘘を言い、程大業を戦争に行かせないようにする。

そうとは知らず、大業が練習に行くと、別の人物を雇ったという無姜。その人物を襲って来させないようにする程大業。

程嬰は、屠岸賈に、韓厥に善処するように言うが、屠岸賈は頭を下げることができない。

景公が、屠岸賈を呼び、韓厥を代えることを提案するが、屠岸賈は私情より国を優先すると言う。景公は涙する。韓厥は、善処するよう強要され、二人は殺すことはできなくなった。

屠岸賈は、程嬰と杯を交わす。その間、到満は、宋香から、程大業の出生時の体の特徴を聞く。赤いあざがあったと言い、調べることを到満は命じられる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました