天命の子 ~趙氏孤児 21 無料・あらすじ・ネタバレ

歴史

程嬰は、暗殺者に命を狙われる。石言将軍が暗殺者の相手をするが、暗殺者により負傷。

程嬰は、死ぬ前に、石言将軍の手当をしたい、というので、暗殺者はまかせる。暗殺者は、程嬰が手当をし、なぜそこまで他人のために尽くせるのかと発言し、そのまま鄭の国へ逃亡。

暗殺者は、荘姫公主の手の者だった。

程嬰は、石言将軍を手当する際、子の秘密を語る。石言将軍は衝撃をうけ、これからも暗殺者に狙われると言う。

荘姫公主は、大祭師に、景公の占いをさせ、趙朔の悪夢から逃れるには程嬰の首が必要だと語る。

景公は、韓厥を呼び、程嬰を、治療のために呼びつけさせる。程嬰は、危険を知るが、石言将軍に後のことを任せる。

屠岸賈は、晋の国政の目を外国に向けるため、秦との戦争を計画する。秦の使節に、晋と楚は秦を攻めるつもりだと語る。

屠岸賈は、程嬰の命を救うため、宮殿に向かう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました