天命の子 ~趙氏孤児 29 無料・あらすじ・ネタバレ

歴史

晋首都の井戸から血の水が出る。これは趙朔の怨霊の仕業か。景公は、気味悪がって、秦からきた祈祷師に占いをさせると、呪札が出てきた。

これは誰のものか調べると、ゲキ克のものだった。吉を呼び寄せるため作ったものだが、何者かに嵌められてしまった。

ゲキ克は、自殺する。これを聞いた屠岸賈。程嬰に解けるか、到満と賭けに出る。

程嬰は、これは屠岸賈によるもの。ゲキ克を嵌めるためのものと論破する。

14年後、程大業は成長する。これに危機感をもった到満は、屠岸賈に、程大業は、趙武ではないかと言う。屠岸賈は、程嬰が自分の息子を殺すわけがないと言い、信用はしないものの、頭の片隅に入れようと言う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました