天命の子 ~趙氏孤児 28 無料・あらすじ・ネタバレ

歴史

程嬰の子、程大業は、5才なのに、しゃべることができない。それを到満に指摘されて殴る程嬰。

屠岸賈は、程嬰に、秦から来た名医に見せたらどうかと言われ、名医のもとに。

名医からは、趙朔の恩があるため、趙朔の持ち物を持ってきてほしいと言われる。

程嬰は、屠岸賈の書斎から、趙朔の持ち物を盗み出す。それを到満に見つけられ、私刑に遇っていたところ、屠岸賈は、趙朔のものは程嬰のものと言って許す。

程大業は、針でしゃべることができるようになった。程嬰から医術を教わっていく。

程嬰のところに、暗殺者がやってきて、程大業に矢が当たる。死にいたるところを心配する程嬰と屠岸賈。

程大業が助かって安心する程嬰。

コメント

タイトルとURLをコピーしました