天命の子 ~趙氏孤児 16 無料・あらすじ・ネタバレ

歴史

程嬰の子どもは男子ができる。屠岸賈も男子を得るが、妻を亡くし、声をあげて悲しむ。

荘姫公主は、趙武を出産。

到満の説得により、屠岸賈は夜、宮中に入り、景公に、趙武を殺すことを進言。景公は、悩んだあげく、認める。

宦官ゼン白は、言葉巧みに、荘姫公主から趙武を奪い、屠岸賈邸へ送る。

程嬰は、屠岸賈夫人の優しさで、趙武を返してもらおうとするが、到満から、夫人が死んだことを聞かされる。

程嬰は、屠岸賈に、趙武を返すように言うが、一足遅いと言う。井戸に投げ捨てたと聞いた程嬰は、且大人に会いに行くも、後の祭りだった。望みは絶たれた。天よ。

夜、程嬰のもとに且大人が趙武を連れてくる。且大人は、趙朔に助けられた恩を返したのだ。

程嬰はさっそく、趙武を連れて逃げる。且大人は、屠岸賈に助けられるが、自決する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました