天命の子 ~趙氏孤児 12 無料・あらすじ・ネタバレ

歴史

秦の使者は、屠岸賈に呼び止められ、趙朔を褒めるように伝える。

景公は、秦の使者が趙朔を褒めるのを聞く。

趙朔の妻、荘姫公主は、程嬰の入れ知恵を聞く。趙朔を非難すること、趙朔を左遷させること、趙朔を降格させること。

屠岸賈は、それにも対策し、荘姫公主が程嬰の言ったことをすることはなかった。

首都に来た趙朔は、罪人の風だったが、景公は、趙朔を太傅に任じ、褒美をとらせた。趙朔や食客は、大喜び。

景公は、趙朔を呼び、ゲキ克将軍とハン書将軍が女で争っている悩みを打ち明ける。趙朔は、二人の兵権を取り上げるために、自ら兵権を返す小劇をすることを提案。

趙朔は、これを実行し、兵権を奪われる。邪魔されないように気絶させられた程嬰は起き、この一連の話を聞き、趙朔を非難する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました