天命の子 ~趙氏孤児 11 無料・あらすじ・ネタバレ

歴史

程嬰は、勢力均衡の理を説き、楚の石言将軍から兵糧を借りることに成功する。

都から、勅使がやってくる。趙朔の妻、荘姫公主が放った食客を振り切った勅使は、趙朔に剣を渡す。

勅使は、倒れ、公孫杵臼は勅使を殺せと言うが、程嬰が介抱する。起きた勅使に、程嬰が趙朔が忠臣であること、罠にかかっていることを告げる。

勅使は趙朔を呼び出し、自刃する。

一方、楚の石言将軍は、楚の荘王から褒美の剣を賜る。

コメント

タイトルとURLをコピーしました