半沢直樹2 第4話 見逃し・無料・あらすじ・ネタバレ

ドラマ

半沢は、元ゼネラル電設の電脳電設の社長のところに訪問。協力を申し出る代わりに、電脳雑技集団の重要情報、架空決算、赤字決算で裏帳簿があることを暴露。

この情報を半沢は、大和田に提供。

東京中央銀行では、伊佐山が、中野渡社長を前に、電脳雑技集団への500億円追加融資の稟議書を示す。

そこに、大和田は、半沢を迎え入れ、伊佐山らへの攻撃を開始させる。稟議書は偽りの事実から構成されていて実は、電脳雑技集団は赤字決算、東京中央銀行の500億融資は無駄になることを発表。

伊佐山は、半沢に土下座させられ、三笠は、秘密の音声を出されて、電脳雑技集団へ出向させられる。

森山は、スパイラルの財務に引き抜かれる。サンフランシスコのコペルニクスへ。

半沢は、東京中央銀行の第2営業部第1グループ次長に栄転。最初の仕事は、帝国航空の再建。

この帝国航空は、難物で、債務がたくさんある。支持率が下げっている的場内閣は、第2次改造内閣を発表。

そこに2期当選で元ニュースキャスターの白井議員が、国土交通大臣に。白井大臣は、帝国航空の改革案を発表。各銀行に債権を放棄してもらうことを提案。

東京中央銀行は700億貸しているため、500億の貸付がなくなることになり、東京中央銀行は多大な損失をこうむる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました