半沢直樹2 第3話 見逃し・無料・あらすじ・ネタバレ

ドラマ

半沢は、スパイラルがフォックスを買収するよう提案する。二つの企業が組めば、企業価値が上がるという判断。

半沢は、スパイラルがフォックスを買収しやすいように、フォックスの悪化した財務状況を公表。

この財務報告書を出したことで、東京セントラル証券に、査察が入る。この査察を取り締まるのは、馴染みの人物だった。

査察に、東京セントラル証券のファイルを調べる作業が続く。半沢は、スパイラルの凄腕ハッカーに、東京セントラル証券のシステムをハッキングさせる。

査察が、フォックスの財務報告書のファイルを開く直前に、凄腕ハッカーが、ファイルを消去することに成功し、邪魔することができた。

スパイラルがフォクスと提携することを中継。物流のコペルニクスとスパイラルで、アマゾンと戦うことを宣言。そこに海外の大者ジョン・ハワードが300億円の出資をすることが分かる。

これにより、下がり続けていた、スパイラル株は30000円から36000円に。48%まで買っていた東京中央銀行は、スパイラル株を買いにくくなった。

半沢は、電脳電設に注目。この会社の人物の次世代スイッチング電源の特許が何かあると気付く。

半沢は、この人物と接触を図るも、来たのは、電脳雑技集団の社長らだった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました