半沢直樹2 第2話 見逃し・無料・あらすじ・ネタバレ

ドラマ

ネット検索大手スパイラルの瀬名社長は、大洋証券とアドバイザー契約。スパイラルの新株を発行し、株式会社フォックスに引き受けてもらう。その額は1000億円。

銀行へ戻された元部下は、伊佐山のデスクから資料を盗み、半沢に渡す。渡真利も、東京中央銀行がフォックスに1000億円の融資をしていることを半沢に報告。しかし、フォックスの業績は悪く、融資を受けられる状態ではない。

これは、スパイラルを電脳雑技集団が買収する罠と発覚。ホワイトナイトとされたフォックスは、東京中央銀行から融資されているため、事実上、東京中央銀行連合がスパイラルの株式の過半数をとることになる。

スパイラルの瀬名社長は、東京セントラル証券とアドバイザー契約を結ぶ。半沢は、東京中央銀行と真っ向から対決する姿勢を見せる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました