代立軍 ウォリアーズ・オブ・ドーン 無料・あらすじ・ネタバレ

歴史

朝鮮に倭軍が攻め込み、朝鮮王は寧辺に逃げる。朝鮮王は、息子の光海君を朝鮮王にして、朝鮮でシン将軍と会い、反抗するよう命じる。

身分が高いものの軍役を肩代わりする生業のものを代立軍と呼ぶ。代立軍の主人公たちは、光海君につき従うよう命じられる。

倭軍が追ってくるため、険しい山越えをすることに。王は、輿に乗るため、主人公たちが担ぐことに。主人公は、崖に輿を落とした。

覆面の集団や倭軍に襲われ、王は大事な書物を焼かれることに。追手にやられそうなところを主人公が助ける。

追手に追われることに疑問をもったところ、宦官がスパイだった。宦官を刑に処すと、王の親子の事情が露わに。王は世子と同じ庶子のため、嫌悪していた。

山中で仲間の老人は死ぬ。これで主人公の弟は怒り、王を人質にとり、主人公を倭軍に入るよう誘うが拒否される。

山を下り、街に着くと、そこには将軍はいなかった。主人公は、母が死んだ報を聞き、帰ることに。帰る途中、倭軍が進撃することを知る。主人公は、王に知らせに向かう。

王は、街の裏の砦へ、民を導く。倭軍と戦うことに。熱戦。倭軍は、火縄銃を使い圧倒。

夜、主人公の弟が、王が出てくれば民を救う、と叫び、王は出そうになるが、主人公は止める。

女金族に従う朝鮮人が現れ、義軍100人が城外にいるとの話。主人公たちは、民を連れ、決死の城外への強行突破へ。

王は舟に乗るが、主人公たちは、王たちを庇い、倭軍に火縄銃を撃たれる。王はシン将軍と会う。

このコンテンツは、U-NEXTで見られます。

U-NEXTを見る

U-NEXTって何?

↓↓40%ポイントバック中!映画も。ラノベも。マンガも。

NetflixもFODも無料期間がなくなったり短くなってしまっています。入るならお早めに。

通常バナー

コメント

タイトルとURLをコピーしました