三国志 ~司馬懿 軍師連盟〜 34 無料・あらすじ・ネタバレ

歴史

夏侯惇は、曹一族代表として、尚書台の司馬懿と話し合う。

夏侯惇は、今は魏国の安定を図るときで、改革を進めると、将軍として敵と戦うものがいなくなると主張する。

司馬懿は、戦いに行く将軍はたくさんいると言って取り合わない。

夏侯惇は怒り、司馬家で死ぬ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました