マスカレード・ホテル

ミステリー

東京都内で3件の予告殺人事件が起きた。事件現場から残された不可能な暗号から、3つの事件は連続殺人事件として捜査される。警視庁捜査本部は、数列の暗号が次の犯行現場の予告だと解読し、、第4の殺人事件は高級ホテル「ホテル・コルテシア東京」で起こると推測された。

数名の捜査員が、第4の事件を未然に防ぐためフロントスタッフやベルボーイに扮してホテルに配置され、不慣れなホテルの業務に悪戦苦闘しつつ、不審な宿泊客を監視することを強いられる。捜査一課の刑事新田浩介は、英語ができる帰国子女であることで、フロントスタッフとしてに扮することになった。新田の補佐・教育係になったのは、優秀なフロントクロークの山岸尚美だった。

当初はホテルマンに扮することに嫌がる態度を表にし、職業や価値観の違いから教育係の尚美とは、お互いに反発し合っていたが、共に、怪しげな宿泊客と関わっていくなかで、プロとしての姿勢を崩さない尚美を捜査に関する情報をある程度は打ち明けるほど信頼するまでとなった。

そして、捜査本部からこれまでにない厳戒態勢を敷いた一日が始まる・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました