ホロウ・クラウン 嘆きの王冠 シーズン2 第5話

その他

第5話。

ウォリック伯は、フランスに渡り、フランス王ルイと友好のため、王の娘をエドワード4世の王妃にしたいと申し出る。

しかし、イングランドから使者が来る。イングランド王は、未亡人と結婚する、という報告に、ウォリック伯とフランス王は面子をつぶされる。

ウォリック伯は、ヨーク家を裏切り、ランカスター家へ忠誠をつくすことを誓う。亡命していたランカスター家、ヘンリーの王妃と息子エドワード、オックスフォードは、フランス王の兵とともに、イングランドに上陸。

ヨーク家の三兄弟のうち、クラレンス公がヨーク家を裏切るが、再びランカスター家を裏切るという離れ業。

クラレンス公は、ランカスター家のエクセターを殺し、リチャードは、ウォリック伯を殺す。

ヘンリーの王妃を捕まえ、ランカスター家のヘンリー王の息子エドワードを、リチャードが殺す。

さらにロンドン塔。リチャードは、ヘンリー王を短刀でめった刺しにして殺す。

リチャードは、腕が不自由、背中にこぶ。生まれたときから、愛とは無縁を宿命づけられたと言う。だから、王冠への執着が強いとカメラ目線で独白する。

エドワード4世と未亡人の間に、赤ん坊が生まれ、弟のグロスター公が赤ん坊にキスをする。続いてリチャードもキスをするが、その心ではくたばれと叫ぶ。

リチャードの狂気がうかがいしれる、胸糞わるいシーンが多かった。

このコンテンツは、U-NEXTで見られます。

U-NEXTを見る

U-NEXTって何?

↓↓40%ポイントバック中!映画も。ラノベも。マンガも。

NetflixもFODも無料期間がなくなったり短くなってしまっています。入るならお早めに。

通常バナー

コメント

タイトルとURLをコピーしました