ホロウ・クラウン 嘆きの王冠 シーズン1 第9話

その他

第9話。

この作品がロンドンオリンピックの文化事業であることにふさわしい内容。まさにクライマックス。

さあ、あの輝かしいアジャンクールへ。

王太子ハルはヘンリー5世になった。王になったとたん、隠し持っていた知性をみせる。

ヘンリー5世の血筋は、エドワード3世につらなり、フランスの公爵領を手に入れる権利があると、カンタベリー大司教からもお墨付きを得る。

自信をえたヘンリー5世は、フランス大使をよびつける。フランス大使も、フランス王太子からのお土産テニスボールで、王に遊んでいた不良時代があったことを小馬鹿にする。

これで決まった。ヘンリー5世は、公爵領どころかフランス王位を奪い取るため、フランスに出兵することを宣言する。

いつもの小料理屋で、フォルスタッフの従者たちは集まっていた。従者の喧嘩の最中に、王に見捨てられた傷心のフォルスタッフは静かに息を引き取る。従者たちは、涙しながらも従軍するため、フランスへ渡る。

たくさんの軍船。最初の行先はフランス上陸地アルフレール。

王の叔父が、フランス王と交渉するも決裂。攻城戦が始まった。

勇ましい戦いの数々。熱湯を浴びる兵士たち。

このコンテンツは、U-NEXTで見られます。

U-NEXTを見る

U-NEXTって何?

↓↓40%ポイントバック中!映画も。ラノベも。マンガも。

NetflixもFODも無料期間がなくなったり短くなってしまっています。入るならお早めに。

通常バナー

コメント

タイトルとURLをコピーしました