ホロウ・クラウン 嘆きの王冠 シーズン1 第8話

その他

第8話。

王室のだまし討ちで、ヘイスティング卿、ヨーク大司教の反乱は抑えられた。

歓喜する王。しかし、病で倒れる。

かけつけた王太子ハルは、王の側にあった王冠をかぶる。王座に座るハル。まだ生きていた王は、ハルをなじるが、ハルは王の苦しみを担うつもりだと語る。

王は、自分の側近を大事にしつつも完全には信用しないこと、家臣の不満を外国にそらすことをハルに助言して死ぬ。

王になったハル。父の命どおり、嫌いだった法院長を許す。家臣の目の前で、これまでとは行動を改める、と宣言。

従者の知らせで、ハルが王になったと知ったフォルスタッフ。急いで王の戴冠式にかけつけ、褒美をもらおうと王の面前に出る。

しかし、王となったハルは、フォルスタッフを冷たくあしらう。式の参列者に、これまでとは変わる、とここでも宣言した。

フォルスタッフとその仲間は、因縁の仲の法院長に逮捕される。

ヘンリー4世はこれで終わり。

かわいそうなフォルスタッフ。彼の悪行の描写が少ないため、王の冷たさが目についた。

このコンテンツは、U-NEXTで見られます。

U-NEXTを見る

U-NEXTって何?

↓↓40%ポイントバック中!映画も。ラノベも。マンガも。

NetflixもFODも無料期間がなくなったり短くなってしまっています。入るならお早めに。

通常バナー

コメント

タイトルとURLをコピーしました